上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
20051026111047.jpg


摩訶不思議な世界に迷った先には?

【監督】鈴木清順
【出演】原田芳雄、藤田敏八、大谷直子、大楠道代

夢か現か。
あの女は誰だ? あの男は?
極彩色の美の中で、全てが狂う。



大好きな「清順美学」爆裂の作品。圧倒、倒錯。
生と死、この世とあの世、現実と幻……、次々とその世界が行き来し、通常の感覚で見ると訳のわかんない場面転換が繰り返される。
何が何だかわからないが、引き込まれる力にも逆らえない。
フレーミング、衣装や小物、セットの隅々にまで徹底的にこだわったビジュアル。好きだな~♪

何をしでかすかわからない男(原田)と、真面目でまっとうな人生を送る男(藤田)。
相反する2人の男に女2人(大谷&大楠)が加わり、観る者を摩訶不思議な世界をいざなう。
生きることはリアルであり、一瞬で消える夢。
そして、生身の肉体を持つことであり、実はそれは虚構なのかも……。
それすらまともに考えられなくなる程、頭の中をグチャグチャに掻き混ぜられ、意味不明な魅力に逆らえない。あ~、面白い!! 

大谷直子が小悪魔的にかわいく、大楠道代は妖艶。
2人共、原田演じる怪しく奇怪、危険で美しい色気を放つ男に惹かれていく。
そんな中、藤田は夢先案内人のような立場か?

クルクル変わる場面に、これが人間によって作られた映画という創作物ということを忘れてしまう摩訶不思議な清順ワールド。
混乱、迷い、交錯……、一体この人の頭の中はどうなってるんだ?!

<今日のBGM:リトル・バーリー「リトル・バーリー」>
これからが楽しみだ
スポンサーサイト
2005.10.26 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://ravel.blog32.fc2.com/tb.php/5-9668d979
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。